成長に役立つ栄養素

高身長のカギ!?成長ホルモンを効果的に利用する方法

更新日:

成長ホルモンはその名の通り、成長を促進させる作用を持っているホルモンですが、それ以外にも糖や脂肪の代謝、また、筋肉や骨、皮膚を強くするなど、体のほぼ全ての組織を対象とした作用を持っています。そんな、成長ホルモンはどういったものなのか、そしてどのような作用があるのか、効率よく分泌させる方法などをご紹介していきます。

 

1)成長ホルモンとは?

成長ホルモンは.191個のアミノ酸がつながったペプチドホルモンで、骨の末端の成長や細胞分裂を促進し,成長を促すホルモンです。成長ホルモンは、他のホルモンのようにターゲットとする臓器や組織といったものがなく、体中の様々な部位に対して作用を持っています。中でも、小児期においては成長ホルモン分泌不全が低身長を特徴とするように、成長ホルモンが発育状態、身長の伸びにとても影響していることがわかっています。

胎児期や小児期においては、成長ホルモンがそのまま身長の伸びに対して作用するのではなく、肝臓や種々の組織に作用して成長因子の一つIGF-I(インスリン様成長因子-1)を作り出し、このIGF-I が身長を伸ばす成長促進因子として、軟骨細胞に対して作用を及ぼします。なお、成人期においては、糖や脂肪の代謝調節作用を持つため、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病に関与したり、筋肉などの蛋白質の合成や骨の形成を促進する作用もあるため、ロコモティブシンドロームにも関わるなど、良好なQOL(Quality of life:生活の質)を維持するためにも成長ホルモンは重要な役割があります。

 

2)身長の伸びに関係している要因は?

乳幼児期は、胎児期から継続して成長率が大きい時期で、子どもは出生時から1 歳までは約25cm、1 歳から2 歳までは約10 cmと伸びていき、思春期に向けて徐々に低下していきます。胎児期から乳幼児期は、成長ホルモンよりもタンパク質を中心とした栄養状態が良好であったかどうかが、成長に関与する血中のIGF-Iの濃度に関与し発育に関係しています。

しかし、その後の3~4歳から思春期までの身長の伸びが緩やかである前思春期においては、成長ホルモンの分泌量が、成長率や身長の標準値から算出されたSD スコアと相関していることが報告されており、成長ホルモンの関与がとても大きいとされています。

思春期になると、二度目の成長のスパートが見られますが、思春期開始から1〜2 年で骨端線の閉鎖により成長率のピークを迎え、最終的に成長は止まり、成人の身長に達します。思春期の際の成長は、主に性ステロイドホルモンの影響を受けるとされていますが,成長ホルモンの分泌も上昇していると報告されています。また,女性ホルモンであるエストロゲンは,直接成長板軟骨にも働いて成長を促進し、男性ホルモンであるテストステロンはエストロゲンに変換されて行われる成長の促進と、直接成長板軟骨に働いての骨伸張作用があると考えられており、それが思春期以降に大きくなる男女間での大きな違いを生むことに繋がると考えられています。

 

3)成長ホルモンの分泌を良くする方法とは?

前思春期において身長の伸びに最も強く関与する成長ホルモンは、夜間に分泌される代表的なホルモンです。成長ホルモンは1日全体の70%が睡眠中に分泌されるため、夜になっても眠らなければ成長ホルモンの分泌量はあまり増えません。そして、成長ホルモンの分泌量は、睡眠の長さや深さにも比例するとされており、特に睡眠前半の深い睡眠中に分泌され、一方でこの時間帯に覚醒していると分泌量が低下しまうとされています。つまり、深い睡眠の増加と成長ホルモンの分泌増加は並行して起きる現象であることから、質の良い深い睡眠が成長ホルモンを増やす上で重要といえます。

その質の良い睡眠を行う上では、成長ホルモンと同様に夜間に分泌されるメラトニンというホルモンの分泌が大きく関与します。メラトニンは、深い睡眠を安定化させることができるほか、睡眠が不足したり夜間に強い光に当たるなどして、メラトニンの分泌が減少すると、性ホルモンの分泌が過剰に高まり、性の成熟を進めてしまうことから、成長に対して抑制的に働く可能性があります。

以上のことから、成長ホルモンの分泌を良くするためには、質の良い睡眠をとることが重要といえます。そのためには、まず環境作りが有効です。最近は、テレビだけでなくスマホやゲームなど、電気などの光だけでなく目に入ってしまう光があります。寝る直前には、部屋を暗くして入眠しやすい環境を作りましょう。また、最近では外遊びなどの時間が減ってしまい、体を動かすことが減ってしまい、体が疲れていないため布団には入ったもののなかなか寝付けないということもあります。そのためには、夕方に思いっきり体を使った遊びなどの運動を行うことが有効です。運動をすること自体にも成長ホルモンの分泌を促進する作用があるので、しっかり体を動かして、成長ホルモンの合成に関与するアルギニンなどのアミノ酸がたくさん含まれるたんぱく質をしっかり食事でとり、早めに就寝するという、子供にとって昔から良い生活とされる「良く動き、良く食べて、良く寝る」ことが、実は成長ホルモンを効率よく分泌させることができるというわけです。

 

4)成長ホルモンの分泌を妨げてしまうこととは?

一方で、成長ホルモンの分泌を阻害してしまうことの一つに肥満があります。成人においては、肥満が成長ホルモンの分泌を低下させるだけでなく、成長ホルモンの不足により内臓脂肪を増加させ、インスリン抵抗性を上げ耐糖能異常を起こしたり、LDLコレステロールや中性脂肪を増加させ、HDLコレステロールを低下させるなど動脈硬化を招くなど、さらに肥満を悪化させることが明らかとなっています。小児期においては、肥満児は前思春期の成長ホルモンの分泌は低下しているものの、身長の発育に関するIGF-Iが正常か高めで実際の成長率も高く、思春期前までは正常体重児に比べると身長も大きい傾向にありますが、肥満児はエストロゲンなどの性ホルモンの活性が高くなってしまったり、脂肪細胞から分泌されるレプチンが増加することにより思春期に早く入ってしまうために、骨端線が融合して成長が止まるため思春期の伸びが小さくなり、最終的に成人時の身長は平均的または正常体重児より低くなるとされています。肥満になるような栄養の過剰摂取は、高血糖状態を招きインスリンの分泌を増加させることで血中のIGF-I が増加して、それが成長促進に働くのと同時に、血中の成長ホルモン受容体が増加し、成長ホルモンに対する感受性が亢進するため、少ない成長ホルモンでも体は正常に成長できることから、ネガティブ・フィードバック機構により中枢に働いて成長ホルモンの分泌を低下させてしまいます。

「小さい時はぽっちゃりのほうが、将来大きくなるからたくさん食べなさい」という話をよく耳にして、最近では食トレということでたくさん食べさせることが重要との認識が広がっています。確かに、成長のためには、栄養状態が非常に大きな役割を果たしますが、過剰な栄養は成長ホルモンによって成長できるチャンスに、成長ホルモンを活かした成長ができず、むしろその後の成長のスパートである思春期において十分に成長できなくなる可能性も高くなります。特に、幼児から小学校中学年までは、体を動かす遊びや運動した分+α程度のバランスのとれた食事をとるなど、食べ過ぎや運動不足を避け、来たる思春期に向けて成長ホルモンを利用して地道に成長させていきましょう。

参考文献

・粂和彦.特集 学業成績と睡眠 1.寝る子は育つ.Prog  Med. 35: 11-14, 2015

・田中敏章.成長の機構とその制御小児内分泌.学日本小児内分泌学会編.診断と治療社169-175, 2009.

・Jogensen JO, et al : Three years of growth hormone treatment in growth hormone-deficient adults : Near normalization of body composition and physical perfomance.Eur J Endocrinology 130: 224-228,1994.

・Johnson W, et al: Ptterns of linear growth and skeletal maturation from birth to 18 years of age in overweight young adults. Int J Obes(Lond)36:535-541, 2012.

・Yasunaga T, et al : Nutrition related hormonal changes in obese children. Endocr J 45:221-227, 1998.

当サイトおすすめの成長サプリ5選

アスミール

偏食・栄養の偏りが気になる成長期のお子様にお勧め!沢山の食品を食べることなく様々な栄養素をバランスよく摂取できます。配合にもこだわり、成長ホルモンを活性化させる最適配合を採用。11種類のビタミンを配合し、カルシウムの吸収力を良くする新配合「トリプルカルシウム」仕様。お子様が口にするものですから、製造は安全安心の日本製。飲みやすいココア味なので、牛乳嫌いの偏食気味のお子様も続けられます。

商品名 アスミール
販売会社 株式会社イッティ
種類 子供の成長期応援飲料
参考価格(税抜) 2,050円(税抜・定期コース)
1日あたりの費用 約68円/日(1日あたりの価格)
1回あたり 6g
タイプ 粉末タイプ(ココア味)
内容量 180g(1ヵ月分)
生産国 日本
成分表を見る

ポリカル

独自の特許健康素材「ポリカン」を配合した子供向け成長サプリメント。各種栄養成分の吸収力と形成力を徹底追求。『ハラールエキスポ2015』でもその安全性・有用性を表彰された製品。人工甘味料・砂糖類、添加物不使用。

商品名 ポリカル
販売会社 株式会社コアシステム
種類 成長サプリメント
参考価格 9,980円(定期)※送料無料
1日あたりの費用 約130円(定期コース)
1回あたり 1日3粒
タイプ 錠剤タイプ
内容量 330㎎×90粒
生産国 日本
備考 3袋セットがお得(15%OFF)
成分表を見る

Dr.Senobiru

今注目の必須アミノ酸L-アルギニンが多く含まれている子ども用サプリメントです!子どもに不足しがちなL-アルギニンだけでなく、他の栄養素もバランスよく1日2包の服用で補えます。味も甘めのグレープフルーツ味で飲みやすく、溶かすだけで飲めてしまいます。天然由来成分が中心で安全品質。子供向けサプリメントですが、大人も飲めます。

商品名 Dr.Senobiru
販売会社 株式会社エメトレ
種類 成長期応援サプリ
参考価格(税抜) 9800円(定期コース)
1日あたりの費用 327円
1回あたり 2包
タイプ 粉末タイプ(グレープフルーツ味)
内容量 60袋(約1か月分)
生産国 日本

 

成分表を見る

プラステンアップ

身長を伸ばしたい中学生・高校生にお勧めの成長応援サプリメント!成長に必要な栄養素「アルギニン」・「スピルリナ」・「カルシウム」・「αGPC」を配合し、成長期後半をサポート。レモン味ですっきりと飲みやすく、スプーン一杯で必要な栄養素を補えるので、続けやすい仕様になっております。

商品名 プラステンアップ
販売会社 サンテミナ株式会社
種類 成長期応援サプリ(身長サプリ)
参考価格(税抜) 1,980円 ※送料無料
1日あたりの費用 63円(定期コース)
1回あたり 8g
タイプ 粉末タイプ(レモン味)
内容量 1袋240g(約1ヵ月分)
生産国 日本
成分表を見る

贅沢のびるんるん

タブレットタイプの成長応援食品。噛んだりなめたりして服用できます。特定原材料(アレルギー物質)27品目不使用なので、アレルギーでお悩みの家庭にお勧めです!毎日続けやすいココア味。初回モニター価格990円。

商品名 贅沢のびるんるん
販売会社 株式会社Slim9
種類 成長期応援食品
参考価格(税抜) 990円(モニター価格)
1日あたりの費用 33円(モニター価格)
1回あたり 1日3粒
タイプ タブレットタイプ(ココア味)
内容量 90粒(30日分)
生産国 日本
備考 特定原材料(アレルギー物質)27品目不使用 2回目以降は19.1%OFFの3,480円
成分表を見る

-成長に役立つ栄養素

Copyright© 身長INFO , 2018 All Rights Reserved.