成長に役立つ栄養素

身長を伸ばすのに効くビタミンってなんだ?ビタミンと身長の関係

更新日:

stevepb / Pixabay

体にいいビタミンとは一体何なのか

我々が生活している中でもよく話に上がる栄養素の一つとしてビタミンの名前をよく聞くのではないでしょうか。「ビタミンは野菜に多く含んでいる」や「ビタミンCは酸っぱくて体にいい」のは知っているのですが、ビタミンとは一体何なのでしょう。ビタミンというのは生物が生存・生育に必要な炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称を指す栄養素です。その量は微量で十分なのですが、生物の体の中ではほとんど生成・合成ができない物質なのです。つまり、体の外から取り入れることでしか摂取できない栄養素なのです。

しかしビタミン自体が体を動かすエネルギーになったり、身体を作る成分になったりはしません。現在では人体にとって必要なビタミンは13種類存在し、ビタミンA・B・C・D・E・Kの6つに分かれています。ビタミンBは更にその中で8つに分類しています。

ビタミンは水溶性と脂溶性の2種類の性質があります。ビタミンBとCは水溶性なので、仮に過剰に摂取しても体外に排出してしまうため問題がありません。ですがビタミンA・D・C・Eの4種類は脂溶性。過剰摂取しすぎてしまうと副作用として吐き気や頭痛などを起こしてしまうので気をつける必要があります。

身長を伸ばすためのビタミンはドコに効く

ビタミン全13種類の中でも身長を伸ばす働きが関わっているのはビタミンD・ビタミンC・ビタミンK・ビタミンB6・ビタミンB12の5種類です。先程ビタミン自体は体を作ったりする成分になる事は無いと書きました。それでは、これらビタミンがどのように身長を伸ばす作用に関わっているのでしょうか。ここではそれぞれの働きを説明していきたいと思います。

  • ビタミンD

一番身長に深く関わっているビタミンです。主な働きはカルシウムの吸収効率を上げることです。骨の主成分であるカルシウムはもともと吸収効率が悪い栄養素です。ビタミンDはカルシウムの吸収率を上げることで体の成長を支えます。またビタミンD自体にも骨芽細胞を刺激し骨形成を促す作用があります。つまりビタミンDは身長を伸ばそうとするなら必ず取りたい栄養素なのです。

  • ビタミンC

身長が伸びる仕組みは骨自体だけでなく骨の端にある軟骨(=骨端線)にあります。軟骨は成長期が終わるまで柔らかく、成長ホルモンを浴びることによって伸びていき、成長期が終わると白く固まり骨と同じ働きをするようになります。この軟骨の主な成分はコラーゲンであり、これを生成するのにビタミンCは必要不可欠です。

  • ビタミンK

骨の代謝を助ける働きをしていて骨の成分の一つであるオステオカルシンという物質があります。ビタミンKはその生成に必要なのです。また、ビタミンKはカルシウムが骨から流出するのを抑制する役割も果たしているので、骨の石灰化を防ぐ役割もしています。

  • ビタミンB6

成長ホルモンを分泌させるためにはアルギニンというアミノ酸が必要になります。ビタミンB6はアルギニンの生成を促し、体内に吸収させる役割を果たしています。

  • ビタミンB12

コラーゲン同士を正しく結合させる役割を持っています。それ以上に成長ホルモンの分泌を促す良質な睡眠をとるためのメラトニンという成分の分泌を促すのがビタミンB12です。

各種ビタミンの必要摂取量は?

 

ビタミンDの摂取量

成長期(8歳~13歳)に必要なビタミンDは3.5~4.5μgなんですね。

ちなみにブリ一切れに含むビタミンDは6.4μgだそうです。

 

ビタミンCの摂取量

成長期の一日に必要なビタミンCは50~80㎎だそうです。意外と少なく見えますが、水溶性ビタミンなので調理中に失われやすいため、摂取には気を付けたいものです。

ビタミンKの摂取量

成長期に必要なビタミンKは100~150㎍だそうです。成長期後半の推奨摂取量はほぼ成人と同じです。

ビタミンB6の摂取量

 

成長期に必要なビタミンB6の量は0.8~1.2mgだそうです。こちらもビタミンKと同じく、成長期後半の摂取量はほぼ成人のそれと同じです。

ビタミン12の摂取量

成長期に必要なビタミンB12の量は1.2~1.9㎍だそうです。ちなみに成人の必要量は2.0μgだそうです。

 

 

 

身長を伸ばすビタミン5種を効率良く摂取するために

ビタミンは種類が多くこの食べ物を食べていれば良いと言う食べ物はないのですが、ビタミン類は緑黄色野菜に比較的多く含んでいます。それでも体内に入れるための効率を高めるためにどんな食べ物に多く含まれているか紹介していきたいと思います。

  • ビタミンD

キノコ類では干しシイタケ・キクラゲ。魚類のサンマ・ニシン・鮭などから摂取することができます。

  • ビタミンC

野菜のブリッコリー・パセリ・ピーマン果物の柑橘類にも多く含まれています。

  • ビタミンK

緑茶類に多く含まれていて海藻のノリ・ワカメなど

  • ビタミンB6

香辛料のニンニク・米・唐辛子などに含まれています。

  • ビタミンB12

肉類のレバーや貝類のシジミ・アサリ・赤貝などに含まれています。

特にこれだけを食べていればいいといったものは無いのですが、もちろん身長を伸ばすだけではなく身体自体を作り上げていくためにはやはりバランス良く食べるというのが一番重要になってきます。

とはいえ、毎日これらの食品をバランスよく食べるというのは難しい!という人も多いかと思われます。そういった場合の対処法として、サプリメントで補うという方法があります。

当サイトおすすめの成長サプリ5選

アスミール

偏食・栄養の偏りが気になる成長期のお子様にお勧め!沢山の食品を食べることなく様々な栄養素をバランスよく摂取できます。配合にもこだわり、成長ホルモンを活性化させる最適配合を採用。11種類のビタミンを配合し、カルシウムの吸収力を良くする新配合「トリプルカルシウム」仕様。お子様が口にするものですから、製造は安全安心の日本製。飲みやすいココア味なので、牛乳嫌いの偏食気味のお子様も続けられます。

商品名 アスミール
販売会社 株式会社イッティ
種類 子供の成長期応援飲料
参考価格(税抜) 2,050円(税抜・定期コース)
1日あたりの費用 約68円/日(1日あたりの価格)
1回あたり 6g
タイプ 粉末タイプ(ココア味)
内容量 180g(1ヵ月分)
生産国 日本
成分表を見る

ポリカル

独自の特許健康素材「ポリカン」を配合した子供向け成長サプリメント。各種栄養成分の吸収力と形成力を徹底追求。『ハラールエキスポ2015』でもその安全性・有用性を表彰された製品。人工甘味料・砂糖類、添加物不使用。

商品名 ポリカル
販売会社 株式会社コアシステム
種類 成長サプリメント
参考価格 9,980円(定期)※送料無料
1日あたりの費用 約130円(定期コース)
1回あたり 1日3粒
タイプ 錠剤タイプ
内容量 330㎎×90粒
生産国 日本
備考 3袋セットがお得(15%OFF)
成分表を見る

Dr.Senobiru

今注目の必須アミノ酸L-アルギニンが多く含まれている子ども用サプリメントです!子どもに不足しがちなL-アルギニンだけでなく、他の栄養素もバランスよく1日2包の服用で補えます。味も甘めのグレープフルーツ味で飲みやすく、溶かすだけで飲めてしまいます。天然由来成分が中心で安全品質。子供向けサプリメントですが、大人も飲めます。

商品名 Dr.Senobiru
販売会社 株式会社エメトレ
種類 成長期応援サプリ
参考価格(税抜) 9800円(定期コース)
1日あたりの費用 327円
1回あたり 2包
タイプ 粉末タイプ(グレープフルーツ味)
内容量 60袋(約1か月分)
生産国 日本

 

成分表を見る

プラステンアップ

身長を伸ばしたい中学生・高校生にお勧めの成長応援サプリメント!成長に必要な栄養素「アルギニン」・「スピルリナ」・「カルシウム」・「αGPC」を配合し、成長期後半をサポート。レモン味ですっきりと飲みやすく、スプーン一杯で必要な栄養素を補えるので、続けやすい仕様になっております。

商品名 プラステンアップ
販売会社 サンテミナ株式会社
種類 成長期応援サプリ(身長サプリ)
参考価格(税抜) 1,980円 ※送料無料
1日あたりの費用 63円(定期コース)
1回あたり 8g
タイプ 粉末タイプ(レモン味)
内容量 1袋240g(約1ヵ月分)
生産国 日本
成分表を見る

贅沢のびるんるん

タブレットタイプの成長応援食品。噛んだりなめたりして服用できます。特定原材料(アレルギー物質)27品目不使用なので、アレルギーでお悩みの家庭にお勧めです!毎日続けやすいココア味。初回モニター価格990円。

商品名 贅沢のびるんるん
販売会社 株式会社Slim9
種類 成長期応援食品
参考価格(税抜) 990円(モニター価格)
1日あたりの費用 33円(モニター価格)
1回あたり 1日3粒
タイプ タブレットタイプ(ココア味)
内容量 90粒(30日分)
生産国 日本
備考 特定原材料(アレルギー物質)27品目不使用 2回目以降は19.1%OFFの3,480円
成分表を見る

-成長に役立つ栄養素

Copyright© 身長INFO , 2018 All Rights Reserved.